Emi Ichikawa Homepage
今日のいちまい
facebook


○写真展情報
日日の木(にちにちのき)
市川恵美写真集「うらうへ」 銀座ニコンサロン
2015年1月5日(月) 〜13日(火)
会期中無休
10:30〜18:30
最終日は15:00まで
オープニングレセプション1月5日(月)18:30より

紹介ページMAP


大阪ニコンサロン
2015年4月9日(木) 〜15日(水)
10:30〜18:30(最終日は15:00まで)
MAP

○市川恵美 作品紹介
第17回酒田市土門拳文化賞受賞
市川恵美写真集「うらうへ」 市川恵美写真集「うらうへ」
冬青社 87ページ
¥5,143(税込)
Amazon  楽天

市川恵美写真展「うらうへ」
アーカイブ(コニカミノルタプラザHP)
free radical
iPad専用アプリ「Free Radical」-NEW-

写真と音を融合させた実験的写真作品
Free radical フォトグラファー市川恵美
App Store ¥600



■2015年07月31日(金)21:37  ブルームーン
grp0731214441.jpg 600×400 49K
今日は満月でブルームーンとか。満月の夜にはアカテガニが湖に卵を産みに行くという情報で佐鳴湖畔に3日連続で出かけたが暗い中での撮影に苦戦。山の斜面から這い出て湖畔に向かうカニをひっきりなしに走る車が容赦なく轢いて行く。此方も轢かれそうで道に立ちはだかるわけにもいかず、カニは潰れる、まともな写真は一枚も撮れずで消化不良。

■2015年07月30日(木)09:56  宵待ち草
grp0730100325.jpg 600×389 116K
湖畔にマツヨイグサが群生している。蝉の鳴き声が賑やかな早朝の散歩。昨夜はアカテガニが斜面の山から湖に向かって行列を作っていた。満月が近い。湖畔の道路を車が走り、カニ達を道の端に逃がすのに気をとられた。まともに撮影はできなかった。

■2015年07月29日(水)11:27  マークエステル展
grp0729113842.jpg 600×393 74K
28日、「日日の木」最終日とマークエステル展の初日とが重なり氏の作品を見る機会を得た。絵からガラス工芸まで120点の展示だが、色遣いが暖かくて好感を持った。私の展示会場にもお越し下さり感想を聞かせていただけた。古事記上巻を描いた「日本神話by MARKESTEL」を購入。4圓發△襪箸いΩい作品集。中日新聞で「日日の木」の紹介をして頂いた折にマークエステル氏が小国神社に作品を奉納されたという記事が同じページに載ったという縁もある。会期は8月2日まで。

■2015年07月28日(火)21:57  写真展終了
grp0728220431.jpg 600×395 36K
暑中お見舞い申し上げます。「日日の木」浜松展が無事に終了。お世話になりました皆様、お越し下さいました皆様、有難うございました。数々の良き出会いがありました。

■2015年07月27日(月)15:21  写真展6日目
grp0727152939.jpg 600×400 56K
写真展6日目の月曜日は、他のギャラリーは全て入れ替え日にあたり、展示しているのは「日日の木」のみ。さすがに来場者は少なかったが佐鳴湖を撮影している時にお会いした方々など、ご覧いただきたかった方々がお見えになり開けた甲斐があった。草笛で有名な加茂光廣氏がお見えになり、写真のイメージで数曲演奏して下さったのも嬉しかった。明日が最終日。夕方の5時半まで開催していますので宜しくお願いいたします。

■2015年07月26日(日)09:15  カラス
grp0726092027.jpg 600×397 27K
現在展示中の「日日の木」は家から歩いて15分ほどの所に立つ一本の柳の木を定点観察で撮った作品。次作と考えている「カラス」は我が家の二階の窓から撮るものを基本としたいと考えている。足元に目を向けて撮るように運命づけられているような気がする。今朝も子ガラスが騒ぐので窓の外を見ると、まずは餌場の樋で水浴び、それから屋根のてっぺんで丁寧に身づくろい。良いモデルになってくれている。

■2015年07月25日(土)23:36  写真展4日目
grp0725234136.jpg 600×606 85K
写真展4日目。新聞に写真展のことを大きく取り上げていただいたおかげで「新聞でみました」と言って会場にお越し下さる方が何人もいて有り難い事だ。4か月の可愛い赤ちゃんの来訪に喜んで写真を撮らせていただいた。安心しきってぐっすり眠っている姿には自然に頬がゆるむ。

■2015年07月24日(金)22:18  空模様
grp0724222247.jpg 600×400 79K
台風と台風の間の所為か個展会場への往復の短い時間に見る空模様は妖しい。

■2015年07月23日(木)23:35  写真展二日目
grp0723234306.jpg 600×427 50K
写真展二日目。ほぼ一日中、会場にいるが、写真仲間、懐かしい旧知の方々との再会があった。今回は地元の皆様に佐鳴湖の自然を見ていただきたく新聞社などマスコミに後援をお願いした。昨日、今日と取材を受けたので近い内に掲載していただくことになると思う。自分でご案内できなかった方々にも思いが届きますように。

■2015年07月22日(水)23:54  写真展初日
grp0722235555.jpg 600×406 62K
9時から写真展の飾り付けが始まった。今回はニコンサロンで展示した作品に合うサイズの額を借りる事が出来なかったのでブックマットにした作品を直接、壁面に釘か虫ピンが画鋲で張り付ける事になった。壁面の硬さが判らず、三種類のピンを用意するなど気を使ったが、多くの友人の助けでスムーズに飾りつけが終わりホッとした。個展は一人ではできない。手伝いに集まって来てくれた写友に心から感謝しています。有難うございました。クリエート浜松の会場は天井が高く明るいので、爽やかな展示となっている。初日とあって遠来の写友も駆けつけてくれ夜には賑やかな食事会となり楽しかった。会場に詰めて皆様のお越しをお待ちしています。

■2015年07月22日(水)06:45  「日日の木」浜松展
grp0722064907.jpg 415×600 46K
今日22日から「日日の木」浜松展がクリエート浜松・ギャラリー34で開催されます。入場無料。初日は13時〜17時30分。28日まで10:30〜17:30。会場でお目にかかるのを楽しみにしています。

■2015年07月21日(火)09:56  最終講義
grp0721100656.jpg 600×400 64K
某大学の非常勤講師を始めて、かれこれ30年になる。末娘が小学校に入学した頃の事で、その後複数の大学での掛け持ち講師となりそれなりに頑張ってきたが、昨日、無事に最後の授業を終えた。学生たちに言うわけでもなく、ひっそりと思いを噛みしめた。タクシーで送り迎えをしていただき手厚く扱ってくれた大学に感謝。帰りは馴染のタクシー運転手さんに「今日が最終講義だったんですよ」と告げ車内から好きだった三方原大地の光景を撮り続けた。

■2015年07月20日(月)10:42  鯛祭りの漁港
grp0720105438.jpg 600×397 98K
昨日載せた、赤い鯛は豊浜の須佐地区で撮ったもの。そこから歩いて20分ほどの中州地区でも、更に大きい鯛が湾内を泳ぐというので、その大鯛を見ようと歩いたのはいいが正午過ぎの炎天下、雨上がりで湿気を含んだ暑さは尋常ではなかった。熱中症を気にして水分は十分に摂りながら歩いたが数時間の内に肌が軽い火傷状態になった。餌付けされたトンビが数十羽飛ぶ光景に出会ったり、大漁旗のはためく防波堤を歩く人を撮ったりと、頑張った甲斐はあった。

■2015年07月19日(日)23:03  鯛は泳ぐよ、、、
grp0719230614.jpg 600×394 87K
巨大な鯛がすいすいと湾の中をぐるぐる泳いでくれるから、びっくり。黒鯛は一夜にして赤鯛から変身。

■2015年07月18日(土)21:55  知多半島の豊浜へ
grp0719220022.jpg 600×397 99K
豊浜の鯛祭りの写真はよく見ているが本物を見るのは初めて。大きくてユーモラスな顔に親しみが湧く。台風の影響が心配されたが、ほとんど降られずにすんだ。漁師町を練り歩くのに付いて回った。

■2015年07月17日(金)11:15  紫陽花
grp0717112634.jpg 600×400 104K
台風が来るというので、頭が重くなった紫陽花を切って袋に詰めたが、こちらは風雨は大したことが無い。台風の進路にあたる地方の皆様に被害が出ないことを祈っている。安保関連法案が衆院を通過。考え方はいろいろあるだろうが「国民の納得を十分に得られていない」と認めながらの強硬採決はいただけない。責任を取りえないことに責任をとると公言してはばからない政治家、アンケートや研究者の意見などで国民が反対の意思表示をしても完全に無視する政治家は信用できない。重苦しい時代に突入した感がある。

■2015年07月16日(木)18:09  間もなく台風?
grp0716181420.jpg 600×397 111K
台風がゆっくりと近づいてきているのだろう。曇り空から時々青空が覗いたり急に土砂降りになったりと不安定な一日だった。佐鳴湖と川の交わる辺りの水面は荒れて魅力的な様相を呈している。台風の最中には近寄れないので今の内にと撮影。

■2015年07月15日(水)10:46  水紋
grp0715105223.jpg 600×394 49K
風が強く湖面が波立っていて今日は水紋は撮れないだろうと思いながら湖面を見つめていると今までに撮った事のないようなショットが撮れた。諦めずに粘ると見えなかった物が見えてくるというのは本当だ。佐鳴湖の船着き場は水位が上がりボートに近づけない状態。満潮と雨が続いていた所為だろう。

■2015年07月14日(火)09:57  早朝
grp0714100242.jpg 600×397 48K
空一面が白い雲、灰色の雲、わずかに見えれる青い空で覆われていた。風もなく、こういう日は水紋が美しいので早朝6時頃に家を出た。ところがすぐに強い太陽が照りつけ肌がちりちりし始めた。帽子も被っていなかったので7時には退散。やはりちゃんと準備をして出かけないと夏の暑さには勝てない。

■2015年07月13日(月)10:08  カラスの教科書
grp0713101743.jpg 600×399 37K
やっぱり次作はカラスになると思う。先日、深瀬氏の展示を見て自分のカラスを突き詰めて見たい気がした。この写真は2012年10月に「日日の木」のあの一本の木にとまるカラスを撮影したもの。この時、佐鳴湖の近くに長年住んでいるという老人に、「この鳥ははぐれカラスで、いつもこの木に来ているよ」と言われたのを覚えている。烏は真っ黒で私には判別がつかないが、その後、我が家の窓を叩いて訪問してくれたのはこのカラスではなかっただろうかと信じるようになった。このカラスの一家4羽が今も家の近くに住みついている。烏の生態を知りたくて知人から薦められていた「カラスの教科書」を注文。

■2015年07月12日(日)07:57  静寂
grp0712080347.jpg 600×397 42K
晴れたと思ったら、また曇り。いつ降るか判らない空模様になっている。佐鳴湖は異常なし。静寂な時間が過ぎていく。「日日の木」浜松展が10日後に迫ってきた。会場のレイアウト、トンカチやピンの準備、会場に置くチラシなど、作品は東京展と同じだが、やらなくてはならないことは一杯ある。

■2015年07月11日(土)19:08  小さな洪水
grp0711191539.jpg 600×397 94K
ようやく雨があがり、朝から強い日射しが照りつけているが、土中の水分が地表に放出されて蒸し暑い。佐鳴湖を歩いて一周。かなりきつかったが、面白い光景に出会った。駐車場が水没して、そこで少年たちがメダカ、オタマジャクシ、雨ん坊、などを掬って遊んでいるのだ。バケツには大小のメダカが沢山泳いでいた。こういう非日常は自分がそうであったように少年たちに楽しい思い出として残ることだろう。

■2015年07月10日(金)23:41  佐鳴湖の森
grp0710234559.jpg 600×400 140K
久しぶりに雨が上がり太陽が顔をだした。佐鳴湖西岸の山の中にシダに覆われた深い森のように見える場所がある。簡単に入って行けるが、歩く人はまばら。

■2015年07月09日(木)09:09  雨の日
grp0709091253.jpg 600×416 79K
いくら梅雨時といっても、こんなに毎日降り続くと、いい加減に晴れてくれと言いたくなる。せめて明るいパステル調のの写真でじめじめした気分を吹き飛ばそう!!

■2015年07月08日(水)12:35  アカテガニ
grp0708124006.jpg 600×397 103K
雨の合間を縫って佐鳴湖へ。今日は久しぶりに一本の木の辺りまで歩いてみた。アカテガニが沢山いるはずなのに今年は極端に数が少ない。例年なら込み合うほどいる沼地にも一匹もいない。何か異変が起こったのだろうか?ようやく笹の繁る辺りでアカテガニの家族を見つけた。雨の日は巣穴に籠って出て来ないのだろうか?

■2015年07月07日(火)15:03  雨の日の過ごし方
grp0707150942.jpg 600×400 99K
雨の日の過ごし方。家に籠っていては運動不足で体重の増加は免れないと佐鳴湖へ散歩に出かけた。カメラを持つと雨もなんのそのになるのは不思議なもので、びしょ濡れになりながら3時間半も外に出ていた。ガードレールも木も石も濡れて光って綺麗だった。

■2015年07月06日(月)00:32  東長谷寺 薬王院
grp0706003913.jpg 600×400 98K
雨あがりの東長谷寺 薬王院で法事。手入れの行きとどいた庭は木々も石もしっとりと美しかった。睡蓮の葉に付いた水滴も趣がある。高低差のある境内の石段はすべりやすくて上り下りするのには注意が必要。つまり怪我はなかったがまた転んでしまったということ、、、

■2015年07月05日(日)22:57  写真展巡り
grp0705231636.jpg 600×400 39K
今回の上京は雨の中、限られた時間の中でどれだけ見たい写真展を巡ることができるか試されているようだったが実りの多い一日だった。銀座ガレリアの石田研二展、銀座と新宿の大島洋展、渋谷の深瀬昌久展、新宿のエプソンで渡部さとる展、蒼穹社、PlaceM、Rooneでの林直展、フォトシンセシスの平賀淳展を巡ることができた。どの会場も作家が在廊で話ができ、途中でフォトコンの石井社長と出会ってご一緒にいくつかの写真展を巡ることができるなどラッキーだった。Diesel Art Galleryで深瀬氏の展示と烏の写真集を見る事が出来たのは今後の自分の作品に影響を与えてくれる予感を感じさせるものだった。

■2015年07月04日(土)00:29  梅雨空
grp0704003258.jpg 600×400 80K
数日間、雨が降り続いている。止んだと思っても、すぐに激しく降り出すので傘を手放すことができない梅雨空。そんな時に、やっぱりカメラをもってうろつきたくなる。そんな事をしている余裕はないのだが、、、

■2015年07月02日(木)19:26  「日日の木」浜松展のご案内
grp0702193611.jpg 1000×674 287K
7月22日から28日までクリエート浜松、ギャラリー34で「日日の木」浜松展を開催します。10:30〜17:30(初日は13:00〜)入場無料。佐鳴湖畔の一本の木の辿る運命を人々の営みとの絡みで命の循環を表現した作品です。カラー写真約45点。銀座ニコンサロンで展示した作品の巡回展。家の近くの佐鳴湖に立つ一本の木を三年半にわたり撮ったものです。地元の皆様に身近な自然を見つめる事で小さな発見があることをご覧いただきたいと思います。会場では「日日の木」写真集、手製の蛇腹豪華本を初披露します。

■2015年07月02日(木)09:25  収穫
grp0702093559.jpg 600×414 77K
春に植えた野菜の苗が成長して収穫できるようになった。毎日10個ほどのミニトマトを採り、すぐにいただくのが楽しみ。バジルやミントも新鮮。パプリカは大きい緑の実を付け色づくのを待っている。オクラとニガウリはまだ花もつかず心配だが元気に伸びている。葉っぱも実も虫に齧られるので時々木酢をかけて退治しているがあまり効果はない。小さなプランター菜園だが虫たちの糧として貢献しているようだ。

■2015年07月01日(水)10:14  うるう秒
grp0701102717.jpg 600×378 64K
7月1日。年の折り返し月は意識するが今朝の9時に「うるう秒」で一秒調整するとは知らなかった。のんびり生きているので細かい時間にはあまり興味がない。この調整に莫大なお金がかかるというから調整しなくてもいいのなら無視した方が良いと単純に思う。アメリカ、日本はそう主張しているそうだ。お金の問題が出たついでにオリンピックの為の新国立競技場問題。最初の予算の2倍以上という大幅に超える2520億円もの出費になるというが今の時代、他にそのお金を必要としている所がいっぱいあると思うのだが、、デザインを決めた時にはお金のことは二の次だったという話も耳に入るが国民の税金を使うのに無責任話だと思う。是非、デザインそのものを再考して予算を切り詰めてほしいものだ。

過去ログ 2007年12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2016年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2017年01月 02月 03月 04月 

画像の無断転載を禁止します